Page Top

JR「立川駅」北口より徒歩 3 分セントラル歯科医院

042-512-7643

  • 平日 9:30 〜 19:00 / 土曜 17:00まで
  • ※ 休診日: 水・祝(祝日週は水曜診療)
  • ※ 日曜日: 不定期診療 / 診療日要確認

治療のご案内:むし歯治療

痛みの少ない治療は、歯科医の責任だと思う

初期のむし歯の場合はそれほど痛みのないものですが、歯が痛くなってからご来院される患者さまにとっては、治療でまで痛い思いをしたくないものですよね。むし歯などで悩んでいる患者さまのチカラになるためにも、痛みの少ない治療を行うことは、歯科医の責任だと考えています

当院のむし歯治療では、細い注射針を使い、表面麻酔や麻酔のテクニックにより痛みの少ない麻酔を行うことからスタートします。できるだけ歯を抜かない、歯を削らない治療を行わせていただきますので、「むし歯かな?」と感じられましたら、お早めにご来院いただければと願っております。

【当院の特徴1】
できるだけ抜かない・削らない治療を

  • 超音波治療器の利用
  • マイクロルーペによる診断

一度削ってしまったら、取り戻すことのできない大切な歯ですので、当院ではできるだけ歯を削らない、歯を削る量を最小限にとどめる治療を心がけています。

口内を拡大して診ることで、詳しく診断できるマイクロルーペ。超音波でむし歯の部分だけを取り除ける超音波治療器などのさまざまな最新機器を駆使して、患者さまの負担を減らすことが可能です。

また、歯を削る音が苦手という方のために、キーンという音がしない5倍速のエンジン(歯を削る機械)を使用しています。

ピエゾ超音波治療器

むし歯の部分をドリルで削ろうとすると、程度の差はありますが、どうしても健康な部分もいっしょに削れてしまいます。そこでおすすめしたいのが、ピエゾ超音波治療器によるむし歯治療です。超音波で振動を起こすことで、健康な歯を削らずにむし歯だけを除去することができます。

この治療法は、歯科医師や衛生士が余計な力を込めなくても治療できるため、患者さまへの負担が少なく、歯肉や舌にあたっても切れないのでお子さんの治療でも安心です。

マイクロルーペ

口の中を拡大して画面に映すことで、肉眼では見えない部分まで診ることができ、精密な診断・治療を行うことができます。

当院のマイクロルーペは、従来の2~3倍率でなく、8倍率のルーペを使用するため、より安全で安心できる治療をお約束いたします。

マイクロルーペについて

【当院の特徴2】
痛くない麻酔から、治療をスタート

  • 痛みをやわらげる表面麻酔、振動麻酔
  • 痛みを感じにくい、極細の注射針
  • 少しずつ麻酔を進めるテクニック

当院では、麻酔注射による痛みにも配慮しています。こどもの頃、むし歯になって治療を受ける時に、いちばん嫌だったのは麻酔注射が痛いということでした。

あえて「手動」で麻酔をしています

昔に比べると麻酔の技術も進化したこともあり、現在では痛みの少ない麻酔を行えるようになってきています。ですが、痛くない麻酔のためにはテクニックも必要です。便利な電動の機械も出ていますが、当院では麻酔の効き具合に合わせて注入速度を変えられるため、手動で麻酔を行っています。

麻酔では、まず歯肉の表面の薄皮に針を刺します。これは、指先の皮膚に軽くまち針を指すようなもので特に痛みはありません。そこから少しずつ麻酔液を入れていき、効いてきたら素早く注入していきます。患者さまの様子を見ながら、微調整が可能な麻酔法といえます。

痛みが心配な方には、表面麻酔や振動麻酔を行なって痛みをできるだけ緩和させることも可能ですので、ご安心ください。

注射の痛みをやわらげる【表面麻酔】

歯ぐきに薬剤を塗ったり、シールを貼ることで麻酔をかけ、麻酔注射の痛みを緩和するのが表面麻酔です。

麻酔の針を刺す瞬間のチクッとした痛みを軽減することができるので、注射が苦手な方はご相談ください。

振動で麻酔の痛みを緩和【振動麻酔】

歯ぐきに振動を与えて抹消神経を刺激することで、痛みの感覚を分散・麻痺させ、痛みを感じにくくするのが振動麻酔です。

注射針を刺す時の痛みと麻酔液を注入する時の痛みを軽減することができます。

042-512-7643

  • 平日 9:30 〜 19:00 / 土曜 17:00まで
  • ※ 休診日: 水・祝(祝日週は水曜診療)
  • ※ 日曜日: 不定期診療 / 診療日要確認