Page Top

JR「立川駅」北口より徒歩 3 分セントラル歯科医院

042-512-7643

  • 平日 9:30 〜 19:00 / 土曜 17:00まで
  • ※ 休診日: 水・祝(祝日週は水曜診療)
  • ※ 日曜日: 不定期診療 / 診療日要確認

治療のご案内:インプラント

当院ではインプラント治療は歯科治療の最後の砦と考えています

歯は一度失ってしまうと二度と再生することはありません。いくらインプラントが優れた治療法であっても、『受ける必要がないなら受けたくない』と思う方がほとんどだと思います。

インプラントセミナー情報

まずは精密な診査を行い、抜かずに治療できる方法がないか徹底的に考えます

そのため、当院では痛んでしまった歯や、他院で抜かないといけないと言われた歯でも、まずは精密な診査を行い、抜かずに治療できる方法がないかを、徹底的に考えた上で、本当に必要と診断された方に受けていただくようにしています。最先端医療と最先端機器の導入により、今までは抜かないとダメだと言われていた歯も抜かずに治療できる可能性が高くなってきています。

他に治療法がなく、しかたなくインプラントになった場合は、国際インプラント認定医資格をもつドクターが世界基準の技術と安全性のあるインプラント治療を提供させていただきます。

当院のインプラントの特徴

【当院の特徴1】CTを完備

  • より安全で正確な治療ができる
  • 手術中にもCT撮影が可能

手術では身体の中や骨の中など立体的なものを切ったり縫ったりします。より安全なインプラント手術をおこなうためには、骨の内部の構造まで立体的に撮影できるCTスキャンが必要不可欠です。

よくニュースや新聞で取り上げられているインプラントによる事故のほとんどは、インプラント治療中の最初の穴をドリルで開けるときに起こります。

当院では、この最初のドリルの途中でCT撮影を行います。この撮影により、インプラントが大切な神経や血管を傷つける可能性がないか、きちんと骨の中に入ってるかを確認してから治療を進めることにより、事故を未然に防ぐことができ確実で安全な治療を行うことができます。この方法は、世界的にも最も安全な方法であり、この方法の導入により当院ではインプラント治療中の事故は一度もありません。

【当院の特徴2】サージカルガイドを使用

ガイドを使って寸分のズレもない施術を

インプラント手術では、インプラントを埋入するため、あごの骨にドリルで穴をあけます。このとき、ドリルの目安として使用する金属製の筒状のものをサージカルガイドといい、使用することで寸分のズレもなく正確な位置に穴を開けることができます。

当院では、難しい症例の場合にはサージカルガイドを使って施術します。どんな難しい症例であっても失敗のない正確な治療が可能になります。

【当院の特徴3】海外の最新技術を学んで

歯科先進国で、最先端技術を学び続けています

海外の歯科先進国では、研修による教育システムが整っており、若手のドクターにも多くの学ぶチャンスが用意されています。ベテランドクターがキャリアに関係なく接してくれ、直接技術を学び取ることもできます。また、たくさんの有名な先生方との出会いがあります。

影響を受けたDr.ホーレワンの言葉

Dr.ホーレワンはミシガン大学の先生。インプラントの専門医であり、アメリカ最高峰の権威である先生です。彼から言われた、「患者さまが望んでいるのは、インプラントではなく被せ物である」という言葉は今でも強く印象に残っています。患者さまがほしいのは単純にしっかり噛める歯(= 機能する被せ物)なのです。

要は、患者さまが求めているのは、シンプルな治療である、ということ。医師の理想だけを追求した自己満足治療になってはいけない、という戒めの言葉でもあります。当院でも、できる限りシンプルな治療でベストを尽くすように考えています。

また、もう一つ彼から言われた言葉で印象に残っているのは、「You have a good hand」(= あなたは腕が良い)。今でも私の原動力になっていますね。そんな先生からいただいたサインは自分の宝物として大切にしています。

【当院の特徴4】痛みへの対策

局部麻酔で痛みの心配はありません

手術中には局部麻酔を行いますのでほとんど痛みもなく、治療を受けることが可能です。手術当日より日常生活が可能で、数日で痛みや腫れが引いてきます。

当院では通常の麻酔に加えて、笑気麻酔、静脈内鎮静法などの各種麻酔を使用して、不安や恐怖感を和らげる工夫もしておりますので、「治療がどうしても怖い」という方もお気軽にご来院いただければと思います。

【当院の特徴5】完全個室のオペ室を完備

感染対策に特化した完全個室のオペ室

当院では、インプラントや口腔外科手術のためにオペ室を完備しています。他のユニットからの空気感染・飛沫感染を防ぐために完全個室となっています。

【当院の特徴6】生体情報モニターを使用

  • 患者さまの全身状態を厳重に監視
  • 体調の異変にも迅速な対応が可能
  • 疾患をお持ちの方やお年寄りの方も安心

当院では手術の際に生体情報モニターHBP-2070を使用し、心電図・脈拍・血圧・血中酸素濃度・呼吸など、患者さまの全身状態を厳重に監視しながら治療します。

生体情報モニターにデータを映し出すことにより、全身状態をリアルタイムで把握しながらインプラント手術を行うことができ、患者さまの体調に異変があった場合も、迅速な対応をとることができます。

高血圧や心臓疾患をはじめとする何らかの全身疾患をお持ちの方や、お年寄りの方でも、より安全に治療をお受けいただけます。

【当院の特徴7】安心できるメーカーのインプラントを使用

バイオホライズン当院では、米国のバイオホライズン社のインプラントを使用しています。バイオホライズン・インプラントは、20年以上の歴史を持つインプラントシステムです。

  • しっかり結合して身体に馴染む
  • 細菌の感染を防ぐ

歯肉との結合部分にレーザーロックという細胞と結合しやすい処理が施されており、生体との親和性の高いインプラントです。しっかり結合することで、細菌が入り込むのを防ぐこともできます。

【当院の特徴8】造骨手術: 他院で治療を断られた方へ

「あごの骨が薄くなっているので、インプラントは打てない」と他院でインプラント治療を断られた方はいませんか?あごの骨を補うことによって、インプラント治療が可能となる場合があります。

サイナスリフト
上あごの骨が少ない場合におこなう手術です。上あごの奥歯の上方には「上顎洞」(サイナス)という空洞があります。この空洞に補填材(骨と同様の組成で最終的に自家骨に置き換わっていくもの)を填入することで、骨をつくっていきます。
ソケットリフト
サイナスリフトと同じく、上あごの骨が少ない場合におこなう手術です。ソケットリフトは、4mm以上の骨の厚みがある場合に行われます。骨の厚みがそれ以下の場合は、サイナスリフトを行う場合が多いです。
GBR
骨が不足している箇所に、特殊な膜を覆うことで骨を作るスペースを確保します。その中に、骨のもとになる素材を詰めていき、骨の再生を促してきます。

インプラントセミナー情報

042-512-7643

  • 平日 9:30 〜 19:00 / 土曜 17:00まで
  • ※ 休診日: 水・祝(祝日週は水曜診療)
  • ※ 日曜日: 不定期診療 / 診療日要確認